Monthly Archives: 10月 2017

efoを検討しよう

efoはコストパフォーマンスが高く、場合によっては大きな収益をもたらすことになります。現在efoの種類はASP型インストール型の両方ともに複数あります。更に、最近ではスマートフォンに対応したefoサービスを提供している企業もあります。PCのみならず、スマートフォンでも利用できるために、今後はより便利なものとしてefoを利用する機会が増えていくのではないでしょうか。

今回はそれぞれの製品の紹介は省略しますが、どのツールも初めにefoサービスを利用する方にとっては収益を増やす強い味方となるはずです。ただし、どのefoサービスも同じものではなく、それぞれのツールで初期費用や契約期間、機能が大きく異なります。また先ほど説明した通り、ASP型もインストール型にもそれぞれメリットとデメリットがあります。

更にASP型では場合によって月額費用の他にもアカウント費用なども発生します。efoを利用する際にはASP型とインストール型のそれぞれのメリット、デメリットを踏まえた上で、自分の現在の状況にあった型とサービスを利用することをおすすめします。自分のサイトでのフォーム登録者を増やしたい方は、是非efoサービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

efoのメリット

インストール型とは、自社のサーバーにefoツールをインストールする方法です。ASP型との違いは、自社でサーバーを用意する点です。メリットとしては月額費用がかからないことや一度インストールすれば初期費用以外の追加費用がかからないことです。またツールを自社のサーバーにインストールするために、ASP型と異なり外部に自社の情報を漏洩するリスクを減らすことができます。

電子機器ASP型を提供している企業は必ず利用する企業との間に守秘義務契約を行いますが、それでも外部に情報が漏洩するリスクはインストール型と比べて増加します。ただし、デメリットとしてはASP型と比べて最新機能を利用するのに時間と費用がかかる点や自社でサーバーを用意する必要があることです。ASP型と比べて初期費用が倍以上となり場合によっては数十万もする事があります。

セキュリティ性はASP型と比べて高いですが、競争力が落ちてしまいます。またソフト自体が古くなり、機能を利用するためにソフトを更新する必要があるため、時間と費用がかかります。インストール型を利用する場合はツールを導入する前に、既に自社でサーバーを用意している方をおすすめします。今までサーバーを用意しておらず、インストール型を利用するためにサーバーを用意する場合はASP型の方が初期費用を大幅に減らすことができます。

efoの方法とは

efoの方法について紹介します。efoは外部に委託する方法が一般的です。外部に委託する方法にも大きく分けてASP型インストール型の2つの違いがあります。この2つについて説明します。ASPとはアプリケーションサービスプロバイダ(Application Service Provider)の略であり、アプリケーションソフトのサービスをネットワーク経由で提供している事業者の事です。

パソコンと女性ASP型とはこの事業者のサーバーを利用して行います。メリットとしては事業者のサーバーを利用してefoを行うために、その事業者が提供している最新機能をすぐに利用することができます。また導入が簡単であることや、自社でサーバーを用意する必要がないこともメリットではないでしょうか。

しかし、デメリットとしては月額費用がかかり、契約期間が存在する点です。月額費用はASP型サービスを展開している多くの企業では数万円と大きな額となりますが、コストパフォーマンスを踏まえればさほど大きなものではないのではないでしょうか。また自社でサーバーを用意する必要がないためにサーバーの費用やメンテナンス等の維持費、更にサーバーを管理する社員を設ける必要がない為にその分の人件費を減らせるので、ASP型を導入するメリットは非常に大きいのではないでしょうか。

efoについて知る

efoというものをご存知でしょうか。多くの方は一体どのようなものか分からない、始めて名前を耳にするのではないでしょうか。当サイトではefoについてどのようなものであるか、導入するメリット等について説明します。

インターネット初めに、efoついて紹介します。efoとはEntry Form Optimizationの略称であり、日本語に訳すとエントリーフォーム最適化という意味です。Web上でのエントリーフォームを入力する際に入力の手間を減らし、短時間で正確に情報を入力できるように入力フォームを改善することを指します。皆様はとあるサイトを訪れてから、何か登録を行おうとして登録フォームに到達したにも関わらず、エラーや入力内容の多さから登録を諦めてしまうといったような経験がありませんか。

実際に、ある調査ではサイトを訪ねてフォームに到達してもユーザーの約8割が最終的な申し込みに至っていないことや、登録の内容に不憫があることがあるそうです。それでは、この約8割が改善されると一体どのようなことが起きるか想像できますか。改善されることによって、集客効率、申し込み獲得数、問い合わせ数の増加など非常に大きなメリットをもたらすことになります。確かに、フォームの登録を行う際に手軽に出来れば登録を最後までしようと思うようになりますよね。efoという「手段」は企業側にとって正に利益を増加させるにもっていこいの手段の一つなのではないでしょうか。